ページ

2014年1月29日水曜日

【第2章】 ヒーリング後の経過 ~肉体編~

今までに老若男女いろいろな方のヒーリングをさせて頂くことができました。


もちろん個人差はあり、1回のヒーリングで劇的に変わる方、何回も通われる方、様々ですが

ここでは特に印象に深かった方をお伝えさせて頂きます。


尚、プライバシー保護の為、お名前や性別なども全て省き

結果のみを報告させて頂きます。



【肉体編】

・ぎっくり腰

 ビクとも動けなくなるほどに痛みがあり、床に寝そべったままだった方(これはうちの父です。笑)

 5分間のヒーリング後すぐに歩けるように回復しました。



・ガングリオン

 手の付け根にあったガングリオン。 大抵の方は医者で切除してもらいますが

 3回のヒーリングで消滅しました。



・腹痛

 理由不明の腹痛。 2年間たくさんの病院を渡り歩き検査しても、分からなかった痛み。

 5回のヒーリングで痛みも違和感もなくなりました。



・目の病気

 白内障/緑内障/飛蚊症

 これらは回復に至った成果はまだ見られず、今も実験中ですが、

 ヒーリングをすると、その後しばらくは眼がかなりよく見えるようになるようです。

 しかし数日経つとまた見ずらくなるそうで、今も続けている段階です。

 
 


・肩こり/腰痛

 これらは1回のヒーリングで大抵OKです。

 ただ腰痛の場合は、側弯症や坐骨神経痛、また日々の重労働による

 慢性的なものは時間がかかります。



・頭痛

 偏頭痛で悩んでいた方、1回のヒーリングで大抵OKです。



・肺にあった影

 健康診断で肺に影が映り、再検査となった私の母。笑

 肺がんの疑いも・・・?! という訳で再検査までの1週間肺へのヒーリングを毎日

 続けました。 再検査では肺に影は全く見られず、アレ? という状況だったそうです。

 影が何であったかは分かりませんが、一安心でした。



・脳梗塞による神経麻痺

 私が毎月ボランティアに行くデイサービスの施設には脳梗塞で半身麻痺になった方や

 言語障害の方が多くいらっしゃいます。

 
 その中でお1人、劇的によくなられた方がいらっしゃいます。

 左手は硬直して動かすことや力を入れることもできなかった方ですが、毎回ヒーリングを

 重ねる度に、柔らかくなり~動くようになり~力が入るようになり~ という何とも嬉しい

 限りです。 ご本人もご家族も大変喜んで下さり、今では早く手を動かせるように回復して

 ヒーリングを習って、他の人にやってあげたい!! とまでおっしゃってくれています。



・腱鞘炎/指の関節の痛み

 1回ですぐよくなられた方、何回か必要な方、様々です。




◆どんな症状もそうですが、体に出る症状は心が造ってしまったものがほとんどです。

ですから、過去から抱える心の問題や、心の癖を手放しながらヒーリングの施術を

行っていきます。

そこには当然個人差が発生してくるというわけです。。


 さて、肉体へのヒーリングアプローチのほんの一部ですが、今回ご紹介させて頂きました。

次回は心の問題や能力開発によるヒーリングの事例をご紹介させて頂きますね!!







2014年1月27日月曜日

【つぶやき】 葛藤シリーズ①


自信とうぬぼれは違う。



でも自信は錯覚のようなものかもしれない。



そしてそれが錯覚であっても大丈夫だという事が大切♪







2014年1月23日木曜日

【第1章】  ヒーリングとは

改めて 「ヒーリングとは何か。」 をお伝えしようと思います。



最近いろんな方と、久しぶりに会ったり、久しぶりに連絡を取る中で

ヒーリングを受ける以前と、現在とでは、とても違うなぁ。と実感する事が多いので

何となく書こうと思いました。


そして、ヒーリングってなぁに? という素朴な疑問がある方もいらっしゃるようなので

私なりの言葉でまとめてみました。



私がゼニスオメガヒーリング/現代レイキヒーリングを

始めてからの7年間の経験から得た知識と実際にあったことだけをお伝えします。

そして私の行う、ヒューマンエナジーヒーリング(前エナジートリートメント)

としての意見をまとめました。




今日はいつもに増して長文です。(汗)

続きそうだったので、第1章としてしまいました~ (^_^ ;





** ヒーリングってなぁに??? **


 ヒーリングとは直訳すれば「癒し」。
 
 

 一般的には・・・

 肉体的に癒されたい場合は、マッサージに行ったり、運動をして発散させることも癒される

 ことだと思います。

 心の癒しを求める場合は、自然の多い場所に出向いたり、気の合う友達に話を聞いてもらう。

 なんてこともあるでしょう。


 それらもとても重要な癒しの実践方法ですが、スピリチュアルヒーリングの世界では、

 もっと奥深い癒しを目指します。


 人間という物質は、肉体と心と精神(気)(魂)から成り立っています。

 これは、車で言えば、ボディーとエンジンとガソリン。

 
 PCで言えば、本体(ハードウェア)とソフトウェアと電気。 などと同じです。

 三位一体というわけですよね。

 

 多くのストレスがあったり、何らかが原因でそれぞれに不具合がでたり、

 うまく動かなくなることがあります。

 これは車やPCだけでなく人間も同じなんですね。



 ちなみに病院でのお仕事は、どこが壊れているか見つける役割、部品を

 新しい物と交換したり、へこんだ部分や、傷を修理するのが担当です。 

 主にボディーの修理ですので、修理工場ですね。



 ではスピリチュアルヒーリングは、というと・・・

 肉体・心だけでなく、精神や気といった目には通常見えない部分まで

 全て整える事ができるのが大きな特徴でしょうかね。

 (ヒーリングは世界にたくさんありますが、あくまでもここでは、私の行う

 ヒーリングでの認識・やり方で説明させて頂いています。)



 例えば車でも、窓を開けようとボタンを押す、しかし窓が開かない!!

 こんな時は恐らく、車を外から眺めても見えない、電気系統の故障だな。と疑うわけです。


 (ただ、車にあるものは外観から見えなくとも、内側に電線というカタチで存在しているので、

 修理の際も目に見えます。 人間が造ったわけですからね。)


 しかし、人間の身体は見えない電気系統、いわゆる「神経」となっているわけです。

 そしてもう一つ、「気」という生命エネルギーが流れる「経絡」などもあります。


 この肉体と心を結び付けているのが「気エネルギー」であり、これがなければ私たちは

 生きていないんです。 魂が抜けることが死ですからね。

 見えないものほど大切。 というのはここからもきているんですよね。



 この見える部分から見えない部分まで、全てを修理していく、もしくは

 どこがどう壊れているか、クライアントさんに気づきを促す

 これが私達の役割だと思っています。


 運転するのはご自身ですから、ヒーリングに依存しても運転手は変われません。。


 そして「修理」と言えば、なんだか 壊れた。 と考えがちですが

 私たちは、年を重ねるに従って壊れかけてきていますね。笑 

 外見で言えば、老化。。。((+_+))

 しかし精神レベルで言えば・・・? 


 プライドが傷つかないように、心のバリアを張る癖がしらないうちにできてしまっている人。 

 失敗が怖くて新しいことにはチャレンジしなくなってしまった人。

 人からどう思われるか、が怖くて誰にでも良い顔をしてしまう人。

 自分を守るために、嘘をつく癖がついてしまっている人。

 いろんなパタンがあると思います。


 そして、それらは過去の経験や幼少期の親子関係などから、潜在的に自分の癖や

 パタンとなっていると、自分でそうなってしまっていることにすら気づかない事もあります。



 
 これは、誰もが望んでいる事ではありません。

 生まれ持って、こんな状態になる事は望んでいなかったはず。

 
 物質的なものだけに、欲求を満たす事を望んで私たちは生まれてきたのでもありません。


 恐れや心配や不安はなく、幸せや平和な穏やかな気持ちで過ごし、また周囲にも

 光を放てる存在であれるように成長しよう。と思うのが本来の人間の目的ではないでしょうか。


 

 ですからヒーリングとは、壊れた人、心の病んだ人だけが訪れるのではなく

 昔自分にあった自信を取り戻したいとか、今以上に自分の能力を発揮したいとか

 自分の使命を明確にしたいとか、良いものを引き寄せたい、人の為に役立ちたい。

 という事を目的としても受けに来られるんです。



 ようするに、心や魂の周りについてしまった、黒ずみや誇りや鎧を取り除き

 もう一度、心・魂からの輝きや、生命リズムのバランスを取り戻す。 

 その結果、自分にとって必要なもの・必要な事と出逢う。というものです。 


 

 


 ん~、もっとお伝えしたい ですが

 あまり話すと専門的になり小難しくなってしまうので、今日はここらへんで~。



 第2章は、どんな方がヒーリングを受けに来られたか、そしてヒーリング後の

 変化についてお話しさせて頂こうと思います♪


 第何章まで続くのか私にもわかりません!!笑


 お楽しみに★



 

 
 

 

 

 


2014年1月21日火曜日

情報の取捨選択

自分のサロンがないという、しばらくの間、自分を表現する場として、

ブログを書こうと思い、今までよりも、テンポよくブログの更新をしている私です。笑



最近よく思う事があります。



もしも世の中のニュースを良いものしか取り入れなかったら(天災以外)

何十年後には、犯罪率などは減るのかもしれないな。って。


聞いていて楽しい情報、心が温まるような情報、生き生きしてくるような情報ばかり

聞いていたら、やっぱり人間の心に感じ、入ってくるものは違いますよね。 



人間は超無意識の中の集合体でエネルギーとして皆繋がっているのだから

ハッピーを感じる人が多くなれば、悪い事なんて思いつかなくなるのかもしれないですよね。



そして、人間には、「この人みたいになりたい!!」 って思うと

脳にミラーニューロンと呼ばれる、その様になろうとする神経伝達が行われるように

なるのだとか。。。


良いニュースに溢れたら、人々の意識は変わるだろう。

そんなことを思う最近なのです。。。



小学生のころ、学校で 「いいとこ探し」 をした覚えがあります。

毎日「帰りの会」で、その日にいいことをしていた子を発表するんです。


「今日〇〇ちゃんがトイレのスリッパを揃えていました!」

「今日〇〇くんが〇〇ちゃんの片付けを手伝ってあげていました!」

など、発表をするのですが、これをすると皆、何かいい事をしなきゃ!

と何かやり始めます。笑



でもあきらかに、誰かが見てるな! と思うとスリッパ揃えたり

見られてるな!と意識して、誰かを手伝ったり。。。

な~んて子もでてくるわけです。 笑


それは心からの行動ではなくなります。




でも、でもでもでも!!

それでいいと思うんです。



だって、主旨は いい事をしている子を見つける事であり、

 いい事をしている子を褒める事ではないからです



少なくとも私は、先生がそのような主旨で行っていたと思っていますが!?



いつもどういった事に、意識を置くか。

これが大切ですよね。



人の悪いとこばかり見つけて、それを告げ口したり

悪いところに焦点をあてるのでなく

良いところに焦点を当てることを養うのが大切だと思うからです。


(悪いとこ探し。と言えば政治家を思い出してしまうのは私だけでしょうか・・・。笑)


良いこと、良いもの に焦点をあてられる人や社会である時

戦争なんてものも起こらなくなるのだろう。とも思うわけです。。。




近年ではSNSなども発達し、誰でもどこでも自由に自分を表現できる場が広がりました。

これは良い事でもあるでしょうね。



しかし・・・


〇〇は良くない。

〇〇には気を付けろ。

〇〇はダメだ。


こんな情報が飛び交っていることも事実です。

もちろん、これが悪いとも言いません。



大切なのは、

それを言っている発信者も一人の人間に過ぎない。

(もっと言うならば、どういう人間かも実は分からない。笑)

ということを、情報を取り入れる側が、わかっている事。 だと思います。



それを踏まえたうえで、どこまでの情報を自分に取り入れ

どこまでの情報を取り入れないか。



あれも悪いものだ、これも悪いものだ

と情報に惑わされ、充足感、安心感が奪われ 免疫力が落ちる。

それがあってはいけないと思うからです。



自分の心に従って、それを見極めたりしなければいけない。

という事だと思うんですよね。



と、こんな事を言っている私の意見ですら

「一人の人間が感じたことによる情報」 にしかすぎないわけですから

やはり、大切なのはいつも自分の心という事になりますよね。 



お気を付け下さい。 笑




信じるのはいつも自分自身ですから、

他人や、環境、仕事ばかりでなく

自己を観察し、自己を知り、自己を大切にする。



という事を心がけていきたいと思います。







2014年1月18日土曜日

ホリスティック医学と統合医療の本質

1月13日 ホリスティック医学協会の講習会で

大塚晃志郎先生より 「ホリスティック医学と統合医療の本質」 のお話しを聞いてきました。


大塚先生は・・・

ホリスティック医学研究所 所長
ヒポクラテス・コス財団名誉会長

また’The Journal of Alternative and Complementary Medicine'誌 という、国際的に権威ある
医学学術研究専門誌において、日本人でただ一人の国際編集委員をつとめてこられた方です。

そしてホリスティック医学協会の設立当初からのメンバー、
統合医療学会でも現在代議員をされております。


ホリスティック医学や統合医療に立ち上げから携わり、国際的にも有名な先生ですので

最近では講演をされないと言われている、先生の講演を聞けるのがとても楽しみでした!!


約2時間半のご講演内容はとても素晴らしく、大変勉強になりました。



一番、私が面白かったと思ったのは、

医学の祖、医学の父と呼ばれる「ヒポクラテス」も本当に言いたかったこと、伝えたかったことは

ホリスティック医学の考え方だった。というところです。


どうしてもヒポクラテスと言えば、西洋医学的に思ってしまうのですが、

後から西洋医学の考えで応用されていっただけなのだそうです。。。


ヒポクラテスは「病気は自然が治してくれる」 と語ったそうです。



そして大塚先生はこうおっしゃいました。

「医」の原点の発想の本質は東西同根

なんだかそれを聞いて心が温かくなりました。



そして、医学などでは、エビデンスがしっかりないとやはり結果としては

不十分であり信憑性もないわけですが、これに関しても大塚先生は、

「統合医療やホリスティック医学は、人それぞれ皆違うという概念に基づいている。

なので、比較対象実験などでエビデンスを西洋医学同様に出す、という事自体

限界のある話しなのです。

医療の本質は「患者にとって最良の利益」かどうか。という事につきない。

とおっしゃっていました。



世の中の信頼をどれだけ集めれるか、ではなく

それも大切な事ですが、目の前にいる1人の人にどれだけ尽くせるか。

これが慈悲の行動なんだろうな~ぁって私も感じました。



そして、先生は最後におっしゃいました。

「病気の種類は千あるが、健康は一つしかない」 と。

「病院が病人の館ではなく、回復して治して出ていかせる場所にならなくては」 と。


本当に心にグっときました。。。





私も大病をした事で、心の底から健康について考える事ができ、

病気に苦しむ人の気持ちが本当に本当に本当にわかりました。



健康は何にも代えられない財産です。

お金で買えない財産です。

その健康・病気を造りだすのは自分の心や精神です。

身体と心、精神を互いに結ばせているのは「気」エネルギーです。



全ての調和が保たれ健康が成り立ちます。



ヒーリングを習う事で、意識が変わります。

意識はエネルギーです。

生命エネルギーを考える。

生命エネルギーを感じる。

そして生命エネルギーを扱う。

これがヒーリングです。

扱うという事は自分で整えたりすることができる。という事です。



ですから、ヒーリングを生活に取り入れる事とは「心と身体の健康の秘訣」なんです。



ご興味のある方、家族やご自身に病があるとか

心の不安定さがある、若しくは今以上に自分を高めたい。


という方には本当にオススメです。


自分自身のことを、もっと観察したり

もっと愛してあげられる心の習慣をつくり、健康の本質・医療の本質

もう一度再確認できる方が増えていければ!! と思っています。















2014年1月17日金曜日

全ては自分の引き寄せ

美輪明宏さんの言葉で

「清き川に清き水が流れる。

心が美しい人と付き合いたければ、まず自分の心の川を磨くことです。」 

 という言葉があります。



やはり全ては引き寄せの法則ですよね。

自分の出している波動と同じような波動に引き寄せられるわけですから。


現在の自分の環境を見てみましょう。

周りにあるものや、出来事、人間関係 全ては自分の鏡です。


矢印が他人や環境に向いている限り、自己の成長はなく

同じような出来事が起こり続け、課題という名のギフトが与えられるのだと思います。



課題は時に、苦難かもしれません。

課題から逃げて逃げて逃げて避けてきた人は、夏休みの宿題同様、

気付けばどっさり。

なんて事もあるのかもしれないですね。。。



”過去と他人は変えられない’’と言われているように

変えるべくは自分。

矢印を向けるのは自分なんですよね。



私も最近よく感じる事があります。

世の中に「良い」「悪い」はないんだな。

「白」「黒」もないんだな。って。



あるとするならば、私自身がそれに対して、白と思っているのか黒と思っているか。

という感情にすぎない。と実感しました。



私の行っているレイキヒーリングの授業の中に「五戒」というものがあります。

「今日だけは 怒るな 心配すな 感謝して 業をはげめ 人に親切に」


業をはげめには「坦々と日々のやるべく事をこなす事」とあります。



現在の情報化社会では、いちいち出来事の1つ1つに感情をくっつけていたのでは

身がもちませんよね。。。

坦々とこなす、感謝と親切心だけをもち、あとは坦々と毎日を過ごしていく。



自分が、いつも人から受けるどんな事に一番感情が左右されているか。

再度確認してみましょう。


それは、自分が一番こだわっている感情であり、課題なのかもしれません。

それに気づき、手放してみた時、スーッと心の解放感が得られるかもしれないですね。



そして課題という名のギフトは、見えない存在(神様?仏様?守護してくれている人)

からの愛そのものだと思います。



ガイドや守護神、指導霊 と呼ばれる愛に満ちた存在達は

私たちを成長させようと、いつも試行錯誤しながら見守ってくれているのだと思います。



悩んだとき、落ち込んだ時、辛い時、

「自分のガイドは何と自分に話しかけてくれているだろうか。」

もしくは、「もし自分が自分のガイドだったら何と話しかけるだろう。」

と考えてみると心が楽になる思いますよ♪








2014年1月15日水曜日

祈り (前回のつづき)

前回の記事の続きです♪


「目」で物を言う。とか、「目」を見ればその人がどんな人か分かる。

とかよく言いますよね。 

左目を見ながらリーディング(チャネリング)を行う。なんていう話しも聞いた事あります。

やっぱり「目」って特別なんでしょうね~。


そういえば、うちのお客様でもヒーリング中に「目が見えたんですけど!!」と

言われた方は何名かいらっしゃいました。


先日は不思議な「目」についてちょっとお話しをしましたが

今回は「祈り」の大切さも含めてお話ししたいと思います。




カナダで私はヒーリングに出会ったわけですが

そもそもカナダへは「自分の本当にやるべく事を見つけたい」という目的で行きました。


当時日本で勤めていた会社に不満はありませんでした。

楽しい人間関係があり、お給料も、休みも、仕事内容も。


しかし、ふと・・・

「人生って働いている時間と、寝ている時間がほとんどだな~」と思ったのです。


ん!?

寝る時間は仕方ないにしても、ではそれ以外の大半の時間をこういった形で

働いていていいのか。と考えるようになりました。


残念な事に、私には特別に趣味はなく、そして特別にやりたい事、

なりたい職業もな~んにもありませんでした。。。



本当に自分がやりたいと思えるものを考えたい、見つけたい!!

寝ている時間以外の時間を、本当の意味での充実される時間にしたい!!

よし!カナダへのワーキングホリデー中にそれを見つけよう!と決心し

4年半働いた会社を退職し、カナダへ旅立ちました。



4、5ヶ月が経ち、カナダでの生活にも慣れた頃、やりたい事を見つける為に

たくさんの好きな事を紙に書き出しながら消去法をしました。

そこで、何度やっても出た答えは「人の為になる事」「人に喜んでもらえる事」でした。



「ん~。どんな仕事でも最終的には人の為の仕事だし、、、

 それが何なのか!を見つけたいのに、全然分からないじゃん。。。」


と、しょげていたのですが

毎日、自分なりに祈りました。

「人の為になる仕事がしたいです。」

「人に喜んでもらえる仕事がしたいです。」

「それが何か教えて下さい。」 と。


その3ヶ月後に偶然出会ったのが「ヒーリング」でした。

ゼニスオメガヒーリングに出会い、「これを日本にも持っていかなければ!!」と

どこから湧き出たのか分からない強い使命感に満たされたのです。


これが私の人生を変えるきっかけでした。



「スピリチュアルに生きる」という事が決して怪しいことでも

摩訶不思議な事でも、特別なことでもない。


それを多くの人に伝えたい。

これこそが今現在、私が感じている使命です。





祈りとは、特別に何かの宗教に入っている人だけが行うものでしょうか。

怪しいものでしょうか。


古代遺跡の発掘調査では必ずと言っていいほど、「礼拝」「祭壇」「儀式」

などの跡がでてきますよね。


祈りとは古代文明が現在より発達していたと言われる遥か昔から

人々と共にあったものだと思います。

ん、むしろ祈りがあったから発達した文明だったんでしょうね。。。


祈りを忘れた現代人は、比例するように心が貧しくなっていっている気がするのは

ただの私の気のせいでしょうか。。。


感謝心がなくなってきたから物質社会になったのではないでしょうか。。。



祈る事とはまずは感謝すること。



太陽の光で作物が育ち

昼夜があり

雨が降り自然が生かされ

風が吹き空気が循環し

雷が鳴り、磁場が調整され

月の引力で私達が地球に住むこともでき


おおよそ全ての事がプラスとマイナスのエネルギーを併せ持ち

それらが循環(新陳代謝)して絶えず動いている。



こうして全てが偶然ではない絶妙なバランス(調和)の中で生かされているという事実。



自然界のすべてのものに「エネルギー」という名の「意識」が存在し

そこに感謝し祈りを捧げる。


昔の人々はこれを本能的に分かっていたのではないかと思います。




祈ることで宇宙と一体になります。


一体となるから無限の力が働きます。


感謝の心も蘇ります。




神社やお寺では怪しまれるから、、、などと思わず多くの方は自然な形で

手を合わせ祈りますね。


そして

心から「ありがとう」と言うとき、人は手を合わせます。

心から「ごめんなさい」 「お願いします」と言うとき、人は手を合わせます。


何か特別に「神様」のような対象があり、それに祈るとか拝むというような事だけを

考えて、怪しく感じる方も多いのが日本だと思いますが、

これこそ、私達の中にある「祈りのDNA」なのではないかと思います。




「祈り」の美しい形や姿を、もっと身近に皆さんが素直な気持ちで行える。

そんな世の中になれたら平和だろうな。と思っています。




先日、TV番組「世界ふしぎ発見」で

ブータンが特集されていました。


ブータンでは国民全員が熱い信仰心を持ち、家族をとても大切にしているそうです。

小学校の授業の始まりは集中力を高める為に5分間の瞑想から始まるそうです。


幸せの国ブータン


祈り、感謝、愛  


本当に素敵な国だと感じました。





何が幸せなことで


何を自分が求めるか


何を信じていくか



目に見えないものを信じる事は怪しいことなのか。

目に見えないものを感じる事は特別なことなのか。




目に見えないもの

空気・電波・放射能・紫外線・・・・・

愛・心・絆・・・・・・


高度なもの、素晴らしいもの、影響を及ぼしやすいものほど

目に見えないのではないでしょうか。。。



今年は、今まで「分からない分野の話だ」「怪しい世界の話だ」と思って

生きてきた人達も、一歩踏み出してみる年ではないかと思います。



これらが、ごくごく自然なことであり

これこそが「自然なスタイル」の生き方だ。


と、もしかしたら気づいてくるのかもしれません。






「祈り」があって出会えた使命。

祈り始めると、見えないアンテナが立つのだと思います。

その見えないアンテナは、必要な情報をキャッチし、導いてくれるのだと思います。

その導きは、必要な経験をさせてくれるものだと思います。

必要な経験は、人間的・そして魂的な成長をさせてくれるものだと思います。

(だからこそ、正しく祈る必要(我欲でない)はあると思いますけどね!)





これから、多くの大人が子供達に

手を合わせ感謝をする習慣を伝えていける時代になれば。

と思っています。






あぁ、今日は長くなってしまった。。。

読んで下さった方、ありがとうございます!!!









2014年1月12日日曜日

宇宙の目(神の目)?!

私はスピリチュアルな事なんて全く知らなかった超~凡人でした。

ただ自分で言うのもなんですが、素直で信じやすいタイプだったとは思います。


それでもスピリチュアルなお話を初めに聞いた時は、「宇宙のフォトンベルトの話しや

アセンションのお話、サイババのお話」・・・と、無知な私にとっては、ぶっ飛んだ内容だったので、

チンプンカンプンで完全に「怪しい・・・。」と感じていました。


しかし、スピリチュアルなお話を何度か聞いているうちに、これは「不思議話し」ではなく

「自然の法則」だな。と思うようになり、ゼニスオメガヒーリングというものをまずは受講しました。

それが2005年カナダでの事でした。


初めてヒーリングを受けた日、眼を閉じているにも関わらず

青紫色の球体が目の前にずっと見えていました。

そして1つの眼が見えました。 

女性性の深い愛を感じる眼でした。


当時はそれが何なのか、も分からなかったですし、

それを感じている間、何故か涙が止まらなかったのを

今でも鮮明に覚えています。



ヒーリングを習い始めてから、瞑想をする習慣などもできました。

瞑想中はいつもその球体や目を見るようになりました。



ヒーリングを習い始めてから、私の生活は大きく大きく変わりました。


自分が感じるもの、意識を置くもの、マインド、共鳴するもの、引き寄せられるもの

全てが本当に大きく変化しました。



その数年後、宇宙には神の目と言われるものがあるということ事が判りました。

そこが宇宙の根源なのだとか。

瞑想中などに目が見えるのは、完全に宇宙と一体化している時なのだという事も

判りました。





  * これはインターネットより抜粋した宇宙の目・神の目という画像です







目は英語でEYE。 発音が「あい」 愛。


宇宙からは愛と調和のエネルギーが絶えず送られていますが、

この宇宙の根源の「目」 が「EYE」 と発音されるのは、偶然なのでしょうか。。。


そして、目をローマ字で書くと、「Me」で「ミー」 日本語で「私」

もう1つ 私を「I」とも言い、それは「アイ」と発音。


私達一人一人は宇宙と繋がっていて、全ての答えは自分の中にあり、

自分自身を愛する事が大切であると思っているのですが

これらの意味と音が同じなのは偶然なのでしょうか。。。


でも世の中に偶然などないかな。。。とか、そんな事を最近よく考えています。笑



あ! そういえばアメリカのお札にあるピラミッドの頂上に書かれているのも目ですよね!!

最近ではフリーメイソンが「目」と関連している話題もよく言われていますし

やはり「目」には深い深い意味があり、大きな力がある事もなんとなく感じますね。。。

そして目(me)は愛(eye)ですから

やはり愛ほどの力を持つエネルギーはないと思います。




自分を愛することを忘れ、人の事ばかり考えている方も多いですが

それを一概に悪いとは思いませんが、やはり自分を100%愛してあげれる

からこそ、人を愛する事ができると思います。



そして自分を愛してあげると、自分に自信がわいて出てきます。

根拠のない自信!!! 笑


それでいいと思います。


だって潜在能力の中にあるのだから。 



10%しか出ていないと言われる潜在能力だけを信じるか

まだ出ていない90%もの潜在能力を信じるか


どちらを選択するのも自由です。


しかし、昔から「信じる者は救われる」と言われるように

信じると、不思議なことに、本当に出て来ちゃうんですよね~。


そして必要なものを引き寄せられるようにもなります。



皆さんは自分自身の何を信じますか?

今の現状だけですか?

90%は見ずに、感じずに、この世を去りますか?


あらもったいない。笑




皆さん今まで生きてきて、一度くらいは「不思議体験」「神秘体験」「驚くほどの偶然」

何かは経験あるのではないのでしょうか。


それをどう捉えるのも自由ですが、私は「目に見えない力が完全に働いている。」

と感じています。





自分が何を感じて生きていくか


自分が何を信じて生きていくか


そういった事に意識を置き始めた時、引き寄せられる情報が変わり


自分の心、行動の全てが自然と変わっていきます。



そして自分の使命や、本当にやりたかった事に出逢えます。



2014年、多くの人の心が変わる時代。


皆様の本来持つ、輝きが溢れでることを祈っています♪




                                       つづく













2014年1月8日水曜日

2014年も宜しくお願いします

さて2014年を迎えて1週間が過ぎましたね。

本年も宜しくお願い致します。


お正月は如何過ごされましたでしょうか?

私は初めてこんなゆっくりしたお正月を過ごしたのでは

ないかと思うほど、の~んびりしていました。 笑


昨年末から、「学ぶ」という事に意識が向いていて

年始からも、時間があれば読書をして過ごしています。


そして数か月ぶりにヨガにもまた通い始め、肉体面も知識の面においても

変容の準備態勢に入りつつある気がしています。



今年は多くの方に変化が訪れる「変容」の年。とも言われていますよね。

心配や不安は手放し、ワクワクしていましょうね!!



昨日「漢字おみくじ」というのを引いたら、「転機」とでました。

まさしく私にとっても転機の年です。


焦らず、欲を出さず、流れに任せて、且つ芯はぶらさずに

変容していく2014年でありたいと思います。





~皆様の本来持つ輝きが溢れだす年になりますよう
                      心よりお祈り申し上げます~